KSNCデジタルカメラ同好会

 

第156回-2018年3月講師推薦作品

 
 
23-雨の公園/武者克衛-1803
雨の公園/武者克衛
講評:公園にブランコ。良くある情景ですが、雨降りだから発見出来るアングルがありましたね。底板が、寂しく雨降りの水面に写り込んださまは、詩歌の世界を連想させるに十分な雰囲気が表現されています。水面に雨の波紋が美しく広がり、更なる詩情を描きたてています。[PENTAX K-S1, 90 mm, ISO-1000, 1/400 秒, F10.0, 未定義, 分割測光, 露光補正 0.
 
 
18ー春の訪れ/春日昭男-1803
春の訪れ/春日昭男
講評:正に春を告げる梅の花の装いです。しかも濃いピンク色の乱舞を、しっかりと主役にピントを合わせ、手前には苔の生えた梅の古木を、前ボケであしらって、画面を引き締めています。花の背景に灰色のボケを合わせたことにより早春の雰囲気が良く表現されています。[FUJIFILM X-T2, 55 mm, ISO-1250, 1/950 秒, F2.8, 絞り優先, 分割測光, 露光補正 0.0, ホワイトバランス自動]
 
 
28-ツーリスト/中嶋幹忠-1803
ツーリスト/中嶋幹忠
講評:昔で言えば、「おのぼりさん」が早咲きのさくらの前でポーズを付けて・・・。でしょうが、これは間違いなく“C国”のギャルでしょうね。日本ではもとより、世界中の有名な観光地で、必ず見かける厚顔で邪魔なポーズギャルの生態を見事に切り撮って呉れた傑作です。[NIKON D800, 95 mm, ISO-800, 1/1250 秒, F8.0, 絞り優先, 中央重点,v露光補正 -1.0, ホワイトバランス自動]
 
 
30-信号で色が変わる/大川紘三-1803
信号で色が変わる/大川紘三
講評:日の出前の交差点に咲く、さくらだそうです。交差点の信号が変わる都度、その白いさくらが赤くなったり、緑になったり。そんな変化を見逃さなかった選球眼が見事です。さくらの木の背景に広がる夜明けのブルースカイは、なにか幸せが訪れる予感を感じさせます。[NIKON D500, 28 mm, ISO-3200, 1/6 秒, F6.3, 絞り優先, 中央重点, 露光補正 -1.3, ホワイトバランス自動]
 
 
6-バンザーイ/戸塚敏子-1803
バンザーイ/戸塚敏子
講評:満開の枝垂れざくらの下で我が子を抱き上げて、「高い高い」をしている母親の幸せそうな、のけぞって半分しか見えない表情が秀逸です。スマフォを構えるのは、バァバでしょうか?あと10年・20年経った時にこの写真を見て、ずーっと幸せが続いている事を祈ります。[NIKON D5200, 130 mm, ISO-400, 1/2500 秒, F5.6, 絞り優先, 分割測光, 露光補正 0.0, ホワイトバランスマニュアル]

第155回-2018年2月講師推薦作品

 
5-フロントに咲く梅/田中瑠美子_1802
フロントに咲く梅/田中瑠美子
講評:梅の花は、桜の花と比較すると、ちょっと寂しく地味な感じですが、見慣れたそんな花でも、綺麗に磨かれた車のフロントガラスに写り込んだ梅は、青い空を背景にして、想像以上に魅力的に美しく見えたことでしょう。より美しいものにレンズを向けた感性に乾杯。[NIKON D750, 300 mm, ISO-400, 1/400 秒, F7.1, 絞り優先, その他の測光方式, 露出自動, 露出補正 0.0, ホワイトバランスマニュアル]
 
 
11-頬寄せ合って/浅田きみ子_1802
頬寄せ合って/浅田きみ子
講評:双子のように寄り添った二輪の花を、マクロ撮影する場合に、二輪共ピントを合わせるコツは、二等辺三角形の頂点にレンズを置くことです。もし不当辺三角形の頂点に置くと、どちらかのピントがずれる被写界深度の原理を習得した人が、得意とするテクニックです。[Canon EOS 70D, 250 mm, ISO-200, 1/400 秒, F6.3, ノーマルプログラム, 分割測光, 露出自動, 露出補正-0.7, ホワイトバランス自動]
 
 
20-古刹に春/松本誠治_1802
古刹に春/松本誠治
講評:古い茅葺き屋根の鐘楼を背景にして、年輪を重ね手入れの行き届いた梅の老木が、季節の花を付けて、あたかも歌舞伎役者のように見得を切っているように見えます。わびさびの世界には、奥ゆかしい梅が良く似合います。この情景にレンズを向けたセンスが光ります。[Canon EOS 6D, 55 mm, ISO-100, 1/60 秒, F8.0, 絞り優先, 中央重点, 露出自動, 露出補正-0.3, ホワイトバランス自動]
 
 
22-ある造詣/武者克衛 -_1802
ある造形/武者克衛
講評:ガレージに駐車している愛車だそうです。ガレージのシャッターの隙間から差し込む光線が湾曲したボディに不思議な幾何学模様を描いています。右下部分の切れ込み部分で車と推察でき、中央部の2つの突起は、ドアの取っ手部分です。武者ワールド炸裂の傑作です。[PENTAX K-S1, 250 mm, ISO-200, 1/40 秒, F22.0, シャッター優先, 分割測光, 露出マニュアル, 露出補正-1.3, ホワイトバランス自動]
 
 
24-竹林/中嶋幹忠_1802
竹林/中嶋幹忠
講評:鎌倉での空を覆うような、孟宗竹の根元にカメラを上向きに構え、ファインダーを覗かずにシャッターを切ったそうですが、主役の太い竹の質感と、広角レンズの効果で、周辺の竹が天空で一点に集約された遠近感と、先端部の葉までピントが合った構図が逸品です。[FUJIFILM X-Pro2, 11 mm, ISO-400, 1/160 秒, F4.0, ノーマルプログラム, 分割測光, 露出自動, 露出補正+0.7, ホワイトバランス自動]

第154回-2018年1月講師推薦作品

 
2-フォーラムの外はブルースカイ/奥野富久子-1801
これから何処へ/奥野冨久子
講評:可愛い双子ちゃんでしょうか?、コスチュームが全く同じで、夕闇せまる東京国際フォーラムのエントランスに向かう後ろ姿を手持ち撮影ながらISOを高感度に設定してカメラブレを防ぎながら二人の歩く微かな動きを画面で表現しているのが見事です。素晴らしい!。[Canon EOS Kiss X6i, 18 mm, ISO-5000, 1/30 秒, F7.1, 絞り優先, 分割測光, 露光補正+0.7, 自動露出, ホワイトバランスマニュアル, 撮影シーン標準]
 
 
5ーブライダルには目もくれず/佐藤干城-1801
ブライダルには目もくれず/佐藤干城
講評:メインストリートに飾られたウエディングドレスのショウウィンドウは未婚・既婚を問わず憧れで、全ての女性の目を引く風景でしょう。そのショウウィンドウ前を、その風景には目もくれず、行き過ぎる黒い衣装の女性を、絶妙のタイミングで捉えた最高の逸品です。[NIKON D5200, 28 mm, ISO-200, 1/50 秒, F9.0, 絞り優先, 分割測光, 露光補正-0.7, 自動露出, ホワイトバランスマニュアル, 撮影シーン風景]
 
 
30-There`s Only One/中嶋幹忠-1801
There’s Only One/中嶋幹忠
講評:ティファニーのショウウィンドウを、望遠レンズを使用して、ジッと狙っていた処、ふと足を止めた女性を見事なタイミングで捉えた逸品です。女性のおくれ毛と肩に掛けたバッグ等のシルエットが、ウィンドウ内の写真の明部に重なって、正にOnly Oneの傑作です。[FUJIFILM X-Pro2, 110 mm, ISO-400, 1/105 秒, F5.6, 絞り優先, 分割測光, 露光補正-1.3, 自動露出, ホワイトバランス自動, 撮影シーン標準]
 
 
21-表玄関の夕陽/廣川 孝-1801
表玄関の夕陽/廣川 孝
講評:なんだか不思議な風景に見えませんか?。「東武ワールドスクエアー」のミニチェアで見るジオラマ風に見える筈です。写真で遠近感を表現する方法で、ビルの上層階は細く見える先入観を無視して中層階ビル内からレンズを上下させず真正面に向けて撮影した効果です。[NIKON D610, 24 mm, ISO-200, 1/125 秒, F5.6, マニュアル, 分割測光, 露光補正0.0, マニュアル露出, ホワイトバランス自動, 撮影シーン標準]
 
 
32-雪の降るベンチに!/大川紘三-1801
雪が降るベンチ!/大川紘三
講評:降り積もる雪に公園のベンチを主役にして・・。撮影モードを「シャッター速度優先」の1/15秒の低速に設定した効果で降り積もる雪が黒バックに綺麗に表現されています。手前の草原の白。右手の林の黒背景、左手の林の灰色などモノトーンでの遠近感が秀逸です。[NIKON D500, 65 mm, ISO-100, 1/15 秒, F7.1, シャッター優先, 中央重点, 露光補正+0.7, 自動露出, ホワイトバランス自動, 撮影シーン風景]

第153回-2017年12月講師推薦作品

 
 
15-怪獣と美女/浅田きみ子_1712
怪獣と美女/浅田きみ子
講評:新宿ビル群の撮影会での作品です。歌舞伎町の映画館街のビル屋上にある巨大なゴジラのモニュメントと新作映画スターウォーズの大型看板とを、地上から望遠レンズでバランス良く捉えています。その巨大さの対比は中央部のビル屋上にいる女性が証明しています。〔Canon EOS 70D、100 mm、1/640 秒、F13.0、ノーマルプログラム、分割測光、露出補正 0.0、オートブラケット、ホワイトバランス自動〕
戻る
 
 
7-通行中の二人/佐藤干城_1712
通行中の二人/佐藤干城
講評:都庁前の広場で冬の陽がゼブラ模様を描く中を、男女二人が歩調まで合わせて歩く様子をタイミング良く捉えています。一見モノトーン調の色調のためか、斜めに差し込む光線の影が、男性が女性を背負ってる様に見えて不思議です。ご安心下さいお二人とも会員です。{NIKON D5200、18 mm、ISO-200、1/500 秒、F13.0、絞り優先、分割測光、露出補正 -1.3、露出自動、ホワイトバランスマニュアル〕
戻る
 
 
3-枯葉に朝霜が!!  /奥野富久子_1712
枯れ葉に朝霜/奥野冨久子
講評:冬の朝枯葉を見上げると昨夜来の寒さで霜が付いて・。そんな情景に枯葉が一番美しく見える位置は、このように逆光線で透かして見ることによって、葉脈の一本一本が数えられる程の描写と、枯葉同士が重なってできる微妙な影を望遠レンズで上手に表現しています。〔Canon EOS Kiss X6i、173 mm、ISO-160、1/320 秒、F8.0、絞り優先、中央重点、露出補正 -0.7、露出自動、ホワイトバランスマニュアル〕
戻る
 
 
21-願いを通す/入江和美_1712
願いを通す/入江和美
講評:京都にある縁結びの神社には縁切りのセクションがあるとか。この穴を潜るとその願いが叶うと懸命に潜りこむご婦人。それにしても縁切願いのお御籤の多いこと。それを望むのは圧倒的に女性とか。シャッターを押しながら複雑だったでしょうね。クワバラクワバラ。 〔Canon EOS M5、57 mm、ISO-25600、1/4000 秒、F8.0、絞り優先、分割測光、露出補正 -1.0、露出マニュアル、ホワイトバランス自動〕
戻る
 
 
20-初冬の夕暮れ/行武錦弥_1712
初冬の夕暮れ/行武錦弥
講評:江ノ島方向を見ると、晴れていればこのように富士山が見えますが、冬の夕暮れでは不気味な黒雲に覆われ、見慣れた夏のそれとは全く違う雰囲気があります。海岸沿いの街の灯りと江ノ島の展望台、そしてオレンジ色と天空の青色のグラデが綺麗に表現されています。〔OLYMPUS E-M1 、 14 mm、ISO-800、1/10 秒、F5.0、マニュアル、分割測光、露出補正 0.0、露出マニュアル、ホワイトバランス自動〕
戻る




元のページに戻る

トップページに戻る

第152回-2017年11月講師推薦作品

 
26ー秋の主役/春日昭男 -1711
秋の主役/春日昭男
講評:今、風景写真の最大の被写体は「もみじ」でしょう。現に今月の講評会では全員それを提出していました。この作品は撮影会で行った秩父御嶽神社でのもので、手前に苔の生えたもみじの樹を額縁風に置き、中央に鉄則の逆光で真っ赤な紅葉を散らした見事な作品です。[NIKON D810,300 mm,ISO-720,1/320 秒,F8.0,絞り優先,分割測光,露出補正-0.3,露出自動, ホワイトバランス自動]
 
 
27-ひそかに枯レ行く/廣川 孝-1711
ひそかに枯れ行く/廣川 孝
講評:幹から直接生えた小枝の数枚のもみじを、やや順光線気味の条件でアップで捉えた逸品です。この位置に生えた紅葉は、なぜか虫食い状態が多く、真っ赤に染まった後は、作品のタイトル通り、ものの憐れを感じさせて行く末を予感させる最後の派手さかも知れません。[NIKON D610,105 mm,ISO-200,1/125 秒,F4.0,マニュアル,分割測光,露出補正-0.7,露出マニュアル, ホワイトバランス自動]
 
 
13-絶景三色/戸塚敏子-1711
絶景三色/戸塚敏子
講評:東郷神社で、ふと目を上げると真っ赤に色付いた葉があれば、まだまだ緑が残った葉、そして黄色に色付き始めたものなどが、杉林を背景にして綺麗なグラデーションを描いています。右下に入れた神社の黒い屋根が画面を引き締めて、全体のバランスを整えています。[NIKON D5200,18 mm,ISO-400,1/60 秒,F4.0,ノーマルプログラム,分割測光,露出補正-0.3,露出自動, ホワイトバランスマニュアル]
 
 
23-輝きに映す/入江和美-1711
輝きに映す/入江和美
講評:山全体を見る目があれば、ごく一部分を凝視した目がありこれは正に小枝の葉を逆光線で狙った秀作です。オレンジ色の葉と葉が重なった部分が茶色の幾何学模様の影を描いて不思議な造形美を作っています。もみじを撮る時の鉄則は逆光線でを証明した良い作例です。[Canon EOS 6D,200 mm,ISO-100,1/1000 秒,F2.8,絞り優先,分割測光,露出補正+ 0.3,露出自動, ホワイトバランス自動]
 
 
1-ティータイム/中嶋幹忠-1711
ティータイム/中嶋幹忠
講評:パリで撮影・?と勘違いするような雰囲気が素敵です。一見どこにも日本語が表記されてないのと中央で英文コピーに見入るサングラスのYOU(外人)にすっかり騙されました。原宿での最高なスナップです。でもよ~く見ると左側に抹茶ラテ¥480の日本語を発見。[FUJIFILM X-Pro2,50 mm,ISO-2500,1/100 秒,F8.0,絞り優先,分割測光, 露出補正0.0,オートブラケット, ホワイトバランス自動]

プロフィール

Author:  KSNCデジタルカメラ同好会

マンスリーフォトサロン
へようこそ!

 月1回の撮影会と第四火曜日の講評会を
 開催しています。
 新会員随時受付中!

訪問ありがとうございます
あなたは
 番目の
訪問者です
くろねこ時計
最新コメント
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04