KSNCデジタルカメラ同好会

 

第134回-2016年5月講師推薦作品

 
 
17-芝桜で姉妹富士/山下文江_1605
芝桜で姉妹富士/山下文江
講評:今月の撮影会は、富士山周辺の観光地でした。富士山を望む本栖湖の芝桜です。またとない晴天に恵まれて富士山が美しく表現されていますが、芝桜の庭に人工的な築山に芝桜で富士山を造成して人気を集めています。この大小の富士山を姉妹として表現した秀作です。[Canon EOS Kiss X6i, 18mm, ISO-200, F8.0, 1/640秒, 絞り優先, 露出自動, 分割測光, 露光補正値-0.3, ホワイトバランスマニュアル]
 
 
7-ゆらめく富士山/大川紘三_1605
ゆらめく富士山/大川紘三
講評:これも本栖湖畔の展望台から見た富士山ですが、千円札の裏面はここで撮影されたとされています。本栖湖の色が深い藍色で表現され、5月ということで山頂の白い残雪も少ないながら、湖面に薄っすらと映り込み、更に富士の中腹に白雲がたなびく優雅さが秀逸です。[NIKON D4S, 26mm, ISO-200, F10.0, 1/400秒, 絞り優先, 露出自動, 中央重点, 露光補正値-1.7, ホワイトバランスマニュアル]
 
 
6-富士遠望/中嶋幹忠_1605
富士遠望/中嶋幹忠
講評:これもいやしの里での多くの競作になりましたが、古民家・半鐘・そして富士山の3点セットの構図が抜群でした。加えて、白い帽子と赤いザックの女性の後ろ姿が絶妙な位置で捉えられています。風景写真での人物の後ろ姿が実は重要な役目を果す場合があるのです。[NIKON D800, 28mm, ISO-100, F5.6, 1/1000秒, 絞り優先, 露出自動, 分割測光, 露光補正値-1.7, ホワイトバランス自動]
 
 
3-空高く/武者克衛_1605
空高く/武者克衛
講評:いやしの里での競作です。鯉のぼり・古民家・富士山の3点セットを唯一の縦位置の構図でまとめた秀作です。他の多数の人が横位置で切り取っているのを、鯉のぼりは左上に横切らせて、古民家は茅葺き屋根だけにして、富士を中央右に配置する黄金分割は見事です。[PENTAX K-5, 55mm, ISO-800, F7.1, 1/8000秒, 絞り優先, 露出マニュアル, 分割測光, 露光補正値-1.0, ホワイトバランス自動]
 
 
26-昇花/入江和美_1605
昇華/入江和美
講評:深窓の令嬢がにっこり微笑んでいるように見えませんか? 古びた木枠の中のピンク色の花を美しくしっかりと捉えています。花の背後の白く丸い球体は玉響(たまゆら)現象と呼ばれ、肉眼では見えませんが、撮影して初めて現れる不思議なレンズ内の屈折現象です。[Panasonic DMC-FZ1000, 146mm, ISO-200, F4.0, 1/100秒, 絞り優先, 露出自動, 分割測光, 露光補正値-0.7, ホワイトバランス自動]



Comments

コメント文
← 送信ボタン
プロフィール

Author:  KSNCデジタルカメラ同好会

マンスリーフォトサロン
へようこそ!

 月1回の撮影会と第四火曜日の講評会を
 開催しています。
 新会員随時受付中!

訪問ありがとうございます
あなたは
 番目の
訪問者です
くろねこ時計
最新コメント
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10