KSNCデジタルカメラ同好会

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第135回-2016年6月講師推薦作品

 
13―小粒な紫陽花/田中瑠美子1606
小粒な紫陽花/田中瑠美子
講評:小平のあじさい公園の撮影会での作品が中心になりました。額あじさいの一輪を300㍉の望遠レンズで一杯に引っ張り、絞りを開放値のf/5.6に設定した効果で、青い額の一枚に焦点を合わせ背後の蕾たちは宝石箱をひっくり返したような状態を巧く表現しています。[NIKON D750, 300mm, ISO-200, F5.6, 1/400秒, 絞り優先, 露出補正-0.3, 中央重点, 露出自動, ホワイトバランスマニュアル]
 
 
35-雨上がり/松本誠治1606
雨上がり/松本誠治
講評:昨夜来の雨が上がり、淡いピンク色の額に雫が残る清涼感溢れるクリーンショットです。雫を撮る際に風は大敵です。折角ピントを合わせたのに一陣の風で被写体が一瞬で消えていた、こんな経験も有る筈です。絞りをf/11で雫もバッチリ、背景のボケも素敵です。[Canon EOS 6D, 76mm, ISO-500, F11.0, 1/40秒, 絞り優先, 露出補正-0.3, 分割測光, オートブラケット, ホワイトバランス自動]
 
 
10-紫のベール/佐藤寛子1606
紫のベール/佐藤寛子
講評:典型的な前ボケと後ボケの成功例です。特に手前の紫色のあじさいのボケ処理が巧く、まさにタイトル通りの作品になりました。あじさいのシーズンだからこそ、このようなメルヘンチックな雰囲気が表現できたのでしょう。望遠Lレンズと絞り開放値f/4の成果です。[Canon EOS 6D, 160mm, ISO-800, F4.0, 1/8秒, 絞り優先, 露出補正-0.3, 分割測光, オートブラケット, ホワイトバランスマニュアル]
 
 
26-紫煙/安藤健1606
紫煙/安藤 健
講評:マクロレンズの世界を新鮮な感覚で捉えた作品です。紫色の花の絞りをf/3.5に設定した効果で、後ボケがあたかも煙のようにファンタステックな雰囲気で表現されています。ぼかしの技法の中で青やピンクなどの淡い色が好まれる中でも、この紫色は一番の絶品です。[NIKON D5300, 60mm, ISO-100, F3.5, 1/500秒, 露出モードマニュアル, 露出補正-1.0, 中央重点, 露出マニュアル, ホワイトバランス自動]
 
 
16-情熱/戸塚敏子1606
情熱/戸塚敏子
講評:深紅の薔薇の色彩と輪郭の表現は最高です。一般的に赤色の薔薇の再現性は大変難しく、ややもすると「赤つぶれ」現象を起こし鮮明な輪郭さえも無くなってしまいます。テレビの映像でも、この現象を起こしています。色彩と輪郭に注目です。但し直射日光は厳禁。[NIKON D5200, 150mm, ISO-250, F4.8, 1/1600秒, ノーマルプログラム, 露出補正-0.7, 分割測光, 露出自動, ホワイトバランスマニュアル]

Comments

コメント文
← 送信ボタン
プロフィール

Author:  KSNCデジタルカメラ同好会

マンスリーフォトサロン
へようこそ!

 月1回の撮影会と第四火曜日の講評会を
 開催しています。
 新会員随時受付中!

訪問ありがとうございます
あなたは
 番目の
訪問者です
くろねこ時計
最新コメント
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。