KSNCデジタルカメラ同好会

 

第136回-2016年7月講師推薦作品

 
 
7-公園に憩う/佐藤寛子_1607
公園に憩う/佐藤寛子
講評:芝生で乳幼児を連れた人たちが談笑する微笑ましい風景です。春には咲き誇った桜が、この時期、緑の葉を茂らせた枝となり、フレームの1/3以上を占有させた構図が素敵です。サッカーボールを前かごに載せて乗り捨てられた子供用自転車が家族感を倍加しています。[FUJIFILM X-E2, 55mm, ISO-800, 1/480秒, F5.6, 絞り優先, 露出補正0.0, 分割測光, オートブラケット, ホワイトバランス自動]
戻る
 
 
18-うら盆の使者/山下文江_1607
うら盆の使者/山下文江
講評:季節がら、仏さまを象徴させる蓮の蕾で祈りを捧げる様なトンボのしぐさが如何にもご先祖様からの使者のように見えたのでしょうね。背景に蓮田が広がり、蓮の花もちらほらと奇麗にぼかされています。この際、雰囲気でトンボへのピントの甘さは良しとしましょう。[Canon EOS Kiss X2, 90mm, ISO-400, 1/1000秒, F5.6, 絞り優先, 露出補正-1.0, スポット, オートブラケット, ホワイトバランス自動]
戻る
 
 
22-雨の慕情/浅田きみ子_1607
雨の慕情/浅田きみ子
講評:雨に当たる白い花弁に強烈な赤のコントラストを滲ませた槿(むくげ)の花だそうです。望遠250mmの効果で、背景の暗緑色の前に、水滴が付いた花がくっきりと浮き上がり、主役をより際立たせています。背景をぼかす設定はさすが、マクロの女王さまですね。[Canon EOS 70D, 250mm, ISO-400, 1/400秒, F7.1, ノーマルプログラム, 露出補正-1.0, 分割測光, オートブラケット, ホワイトバランス自動]
戻る
 
 
1-水玉模様/中嶋幹忠_1607
水玉模様/中嶋幹忠
講評:細かい霧雨が煙る朝、庭先のクモの巣に無数の水滴が散りばめられていた。そんな情景を見てソッコー、マクロ付きカメラを持ち出すフットワークの良さが傑作を生んだのでしょう。クモの巣の背後に緑の葉を入れて、より水滴を際立たせるカメラアングルは流石です。[NIKON D800, 90mm, ISO-800, 1/200秒, F8.0, 絞り優先, 露出補正-0.7, 分割測光, 露出自動, ホワイトバランス自動]
戻る


25-鵜飼のごとく/入江和美_1607
鵜飼のごとく/入江和美
講評:貸しボート屋のおじさんが4艘まとめてボートの係留ロープを引く情景をハイポジションから撮った瞬間に、長良川の鵜飼いが閃いたセンスが素敵です。ユーモアとウイットに富んだ題材選びとタイトルにいつも感心させられています。きっと世の中が明るくなります。[Panasonic DMC-FZ1000, 25mm, ISO-200, 1/320秒, F8.0, 絞り優先, 露出補正-0.3, 分割測光, 露出自動, ホワイトバランス自動]
戻る




元のページに戻る

トップページに戻る

Comments

コメント文
← 送信ボタン
プロフィール

Author:  KSNCデジタルカメラ同好会

マンスリーフォトサロン
へようこそ!

 月1回の撮影会と第四火曜日の講評会を
 開催しています。
 新会員随時受付中!

訪問ありがとうございます
あなたは
 番目の
訪問者です
くろねこ時計
最新コメント
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08