KSNCデジタルカメラ同好会

 

第138回-2016年9月講師推薦作品

 
7-幻想的?/田中瑠美子_1609
幻想的?/田中瑠美子
講評:先月に続いて、コレド室町三井ホールのアートアクアリウムに再挑戦です。蓮の葉をモチーフにしたちょっと変わった二重構造の金魚鉢ですが、暗い室内の照明の効果で、ガラスの縁がくっきりと美しく表現されています。入場するのに2時間待ちの成果がありました。[NIKON-D750, 32mm, ISO-1600, 1/100秒, F5.0, ノーマルプログラム, 分割測光, 露出自動, 露出補正-1.0, ホワイトバランス自動]
 
 
3ー青空・雲・ひまわり/佐藤寛子_1609 - コピー
青空・雲・ひまわり/佐藤寛子
講評:ひまわり撮影の三大要素はこのタイトル通りと、生きのいい花が決め手です。左下に黄色の大輪のぼけを入れて、蜂が止った主役の背景の約半分に青空を入れる工夫でカメラを傾けた効果が出ています。今年は夏の象徴のむくむくとした入道雲を見かけませんでしたね。[CanonEOS6D, 70mm, ISO-200, 1/60秒, F10.0, 絞り優先, 分割測光, 露出自動, 露出補正0.0, ホワイトバランスマニュアル]
 
 
22-入江和美/見て見て見て_1609
見て見て見て/入江和美
講評:ひまわり畑の脇道を部活帰りの女子中学生が歩いて行くと擬人化した悪ガキのひまわり達が、やんやと冷やかし中にはピイピイと口笛を吹いて囃し立てている。そんな雰囲気のタイトルを思いつくセンスが素敵です。でも「見ろ見ろ見ろ」と下品な声も聞こえて来ます。[CanonEOS70D, 135mm, ISO-250, 1/250 秒, F10.0, 絞り優先, 部分測光, 露出自動, 露出補正-0.3, ホワイトバランス自動]
 
 
28-夏の誘惑/松本誠治_1609
夏の誘惑/松本誠治
講評:暑い暑い夏の昼下がり、喉がカラカラに乾いた時に、青空をバックにこの旗を見ると、疲れ切った身体に万能薬のように沁み込むのでしょうね。夏の雰囲気を100%表現した素敵な題材です。チリンチリンと自転車に乗ったアイスキャンディー売りの記憶が蘇る撰者です。[CanonEOS6D, 86mm, ISO-500, 1/400秒, F11.0, 絞り優先, 部分測光, オートブラケット, 露出補正0.0, ホワイトバランス自動]
 
 
24ー鍋島焼きを偲ぶ/春日昭男_1609
鍋島焼きを偲ぶ/春日昭男
講評:佐賀県の鍋島焼の産地にある磁器製の塀だそうです。塀の左端をカットした効果で、この塀がズーッと遠くまで続いているような錯覚を起こさせるテクニックに注目です。塀の素材は、谷・根・千にある築地塀(ついじべい)のそれよりカラフルで、写真が引き立ちます。[NIKON D810, 35mm, ISO-400, 1/40秒, F8.0, 絞り優先, 分割測光, 露出自動, 露出補正0.0, ホワイトバランス自動]

Comments

コメント文
← 送信ボタン
プロフィール

Author:  KSNCデジタルカメラ同好会

マンスリーフォトサロン
へようこそ!

 月1回の撮影会と第四火曜日の講評会を
 開催しています。
 新会員随時受付中!

訪問ありがとうございます
あなたは
 番目の
訪問者です
くろねこ時計
最新コメント
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08