KSNCデジタルカメラ同好会

 

第162回-2018年9月講師推薦作品

 
19―大樹の根元に彼岸花/奥野富久子-1809
大樹の根元に彼岸花/奥野冨久子
講評:今月の撮影会は、巾着田に彼岸花を撮りに行きました。見渡す限り彼岸花が満開の公園に入る前に半世紀を超えた樹齢の大木の根元に、知らずに通り過ぎてしまうようなスポットライトが当たったかのように、ひっそりと咲いた2輪に視点を落とした注意力が素敵です。 [CanonEOSKissX6i, 21mm, ISO-400, 1/180秒, F8.0, 絞り優先, 分割測光, 露光補正 +0.5, オートブラケット, ホワイトバランスマニュアル]
 
 
29-巾着田/浅田キミ子-1809
巾着田/浅田キミ子
講評:一面に咲いた真っ赤な彼岸花と、黒い古木がオブジェのように、そして茎と葉の緑の3色が、いかにも生け花のように上手に配置されています。f13まで絞り込んだ効果で、手前の彼岸花から、中央の古木そして遠景の木々の枝までピントを合わせた効果が見事です[CanonEOS70D, 55mm, ISO-400, 1/40秒, F13.0, 絞り優先, 分割測光, 露光補正 -1.0, オートブラケット, ホワイトバランス自動]
 
 
3-ひっそりとした見頃/入江和美-1809
ひっそりした見頃/入江和美
講評:同じ巾着田での作品ですが、主役は彼岸花ではなく、しゅろ縄で男結びにした添え木のようです。黒い添え木は腐食防止のため、表面をたき火で焦がし、磨き込んだせいで、赤い彼岸花とのカラーコントラストが素晴らしく発揮されています。作者のセンスが光ります。[CanonEOS70D, 86mm, ISO-2500, 1/160秒, F11.0, 絞り優先, 分割測光, 露光補正 -1.0, 露出自動, ホワイトバランス自動]
 
 
6ー彼岸の畔道/春日昭男-1809
彼岸の畔道/春日昭男
講評:水田の畔道に咲く彼岸花は良く見かける里山の風景です。古来から諸説ありますが田んぼの水を無くすもぐら除けとか、緑色の茎を良く水洗いをして毒抜きして、飢饉の際の代用食とした等の理由があるようです。満開の彼岸花と稲刈り後の蕪のパターンが見事です。[NIKOND810, 48mm, ISO-560, 1/50秒, F22.0, 絞り優先, 分割測光, 露光補正 -0.3, 露出自動, ホワイトバランス自動]
 
 
16-雨にも負けず・・・/中嶋幹忠-1809
雨にも負けず/中嶋幹忠
講評:日本古来の「へのへのもへじ」の7文字を使った顔文字で案山子の表情として有名です。口の「へ」の字の山型の中央部が上がっている事で意志の強さを感じます。最近のスマホによるローマ字による組み合わせの顔文字より表情が豊かでモノクロでの表現が秀逸です。[NIKOND800, 135mm, ISO-640, 1/100秒, F7.1, 絞り優先, 分割測光, 露光補正 +0.7, 露出自動, ホワイトバランス自動]

Comments

コメント文
← 送信ボタン
プロフィール

Author:  KSNCデジタルカメラ同好会

マンスリーフォトサロン
へようこそ!

 月1回の撮影会と第四火曜日の講評会を
 開催しています。
 新会員随時受付中!

訪問ありがとうございます
あなたは
 番目の
訪問者です
くろねこ時計
最新コメント
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12