KSNCデジタルカメラ同好会

 

第122回-2015年5月講師推薦作品




25-雨に唄えば/村田菱子-1505
雨に唄えば/村田菱子
講評:5月19日は「あしかがフラワーパーク」と「とちぎ蔵の街」での撮影会でした。雨上がりの薔薇の花びらに幾何学模様に並んだ雫を、標準レンズで美しく捉えています。特に一番左の雫は、映画でジーン・ケリーがラストシーンでポーズを決めた面影でしょうか。[OLYMPUS STYLUS1,1s, 51mm, ISO-400, 1/800秒, F4.0, 絞り優先, スポット測光, 露光補正-0.3]
戻る



11-恋のしずく/浅田きみ子-1505
恋のしずく/浅田きみ子
講評:オレンジ色の薔薇に付いた、今にも垂れ落ちそうな雫にマクロレンズで、そ~と近づいて息を殺してレリーズを押している薔薇園の情景が想像できる画像です。さらに雫の中の背景には同色の薔薇を逆像で入れるテクニックは、さすがマクロの女王さまの作品ですね。[Canon EOS 70D, 90mm, ISO-400, 1/250秒, F8.0, 絞り優先, 分割測光, 露光補正+0.3]
戻る



15-貴婦人咲く/入江和美-1505
貴婦人咲く/入江和美
講評:雨上がりの当日の天候は曇りと、薔薇の撮影には最高の条件で、ホワイトバランスを「曇」に変更、露出補正を-1とアンダーに設定した効果で、薔薇の色飛びが全くなく、色彩が忠実に再現されたばかりでなく、淡くぼかした背景の前に雫も美しく切り取られています。[Canon EOS 70D, 300mm, ISO-400, 1/800秒, F5.6, 絞り優先, 分割測光, 露光補正-1.0]
戻る



13-アンテーク/安藤健-1505
アンテーク/安藤 健
講評:蔵の街のアンティークな家具屋さんでの情景です。古い木工品の加工場に、なぜか欧米風の陶器製の人形が沢山。そんな加工場の雰囲気に馴染んだ職人さんが・・・。アンティークな職人さんの衣装とヘァーと横顔、仕事中の手先が何をしているのか覗きたくなります。[NIKON D5300, 26mm, ISO-1800, 1/40秒, F8.0, 絞り優先, スポット, 露光補正-0.3]
戻る



18-鯉が泳ぐ窓/春日昭男-1505
鯉が泳ぐ窓/春日昭男
講評:蔵造りの市内を流れる巴波川(うずまがわ)に架かる幸来橋(こうらいばし)の欄干には名物の鯉の彫り物が・・・。その鯉の隙間から川越しの左岸には雰囲気のある蔵の家並が切り取られ、そして右岸にある邪魔な民家やマンション風の建物は鯉の胴体で隠す絶妙なアングルの工夫がされた秀作です。[NIKON D810, 52mm, ISO-2800, 1/50秒, F29.0, 絞り優先, 分割測光, 露光補正 0.0]
戻る






作品一覧に戻る

トップページに戻る

Comments

コメント文
← 送信ボタン
プロフィール

Author:  KSNCデジタルカメラ同好会

マンスリーフォトサロン
へようこそ!

 月1回の撮影会と第四火曜日の講評会を
 開催しています。
 新会員随時受付中!

訪問ありがとうございます
あなたは
 番目の
訪問者です
くろねこ時計
最新コメント
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05