KSNCデジタルカメラ同好会

 

第123回-2015年6月講師推薦作品


 
11-輝、一日だけの祭典/村田菱子-1506
輝、一日だけの祭典/村田菱子
講評:6月の撮影会で行った北山公園の花菖蒲です。やっと雨が上がって、その紫色の美しい花びらに沢山の雨粒を付けた絶好のシャッターチャンスを捉えた秀作です。芯と言われる雌しべが緑のグラデーションを背景に梅雨時のお祭りに諸手を挙げて謳歌しているようです。[NIKON-D3100, 90mm, ISO-800, 1/4000秒, F3.5, 絞り優先, 中央重点測光, 露出補正+0.3]
戻る
 
 
22-雨あがりの一瞬/浅田きみ子-1506
雨あがりの一瞬/浅田きみ子
講評:今にも落ちそうな水滴に、そーと近づいてファインダーを覗く息遣いが感じられるような作品で、これを発見した選球眼が見事です。でもこのピンク色の水滴の中に、補色の関係にあるブルー系統の色を人工的でも取り込む工夫を望みます。この作者ならできる筈です。[Canon EOS-70D, 90mm, ISO-400, 1/60秒, F8.0, 絞り優先, スポット測光, 露出補正-0.3]
戻る
 
 
34-背中美人/春日昭男-1506
背中美人/春日昭男
講評:撮影会で寄ったお寺の境内にある水槽に咲く睡蓮です。水面上の花は脇役で、水面に映った影が主役です。その理由は、上から見ると花の根元は見えないものですが、鏡の原理で水面の反射を利用して、通常見えない根元に、文字通り焦点を合わせた奇抜性が秀逸です。[NIKON-D810, 105mm, ISO-280, 1/125秒, F4.5, 絞り優先, 分割測光, 露出補正0.0]
戻る
 
 
26-おぼろ/入江和美-1506
おぼろ/入江和美
講評:額あじさいを撮影した作品が多数ありましたが、4葉の額を花と勘違いしている作品が多く、咲き始めた花にピントを合わせ主役にした作品です。後ボケにピンク系のセイヨウアジサイを合わせ、あたかも夜空に淡い赤色の月のように滲ませたロマンチックな作品です。[Canon-EOS-70D, 252mm, ISO-3200, 1/640秒, F11.0, 絞り優先, 分割測光, 露出補正-1.0]
戻る
 
 
04-午後の新宿裏通り/中嶋幹忠-1506
午後の新宿裏通り/中嶋幹忠
講評:新宿のビル街の歩道には味わいのあるタイルが敷かれ、正に黒澤明の映画のワンカットのように3人の人物が重なりあわず歩みを進めるシーンが秀逸です。銀行の壁に凭れた今風のバイクが平成の時代を表現していますがモノトーンでの発色が逆に新鮮に感じられます。[FUJIFILM-X-E2, 16mm, ISO-800, 1/58 秒, F7.1, 絞り優先, 分割測光, 露出補正-2.0]
戻る




元のページに戻る

トップページに戻る

Comments

コメント文
← 送信ボタン
プロフィール

Author:  KSNCデジタルカメラ同好会

マンスリーフォトサロン
へようこそ!

 月1回の撮影会と第四火曜日の講評会を
 開催しています。
 新会員随時受付中!

訪問ありがとうございます
あなたは
 番目の
訪問者です
くろねこ時計
最新コメント
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09