KSNCデジタルカメラ同好会

 

第128回-2015年11月講師推薦作品

 
05-紅葉vs黄葉の競演/春日昭男-1511
紅葉vs黄葉の競演/春日昭男
講評:今月は御岳とその周辺で行いました撮影会の作品が中心です。玉堂美術館脇の大銀杏を多摩川を挟んだ対岸から逆光線で狙い、透過光で黄色を切り撮りました。手前の紅葉したもみじを、ややボカして環状にして主役の銀杏に焦点を合わせて最大限美しく表現しました。[NIKON D810, 90mm, ISO-400, F9.0, 1/100秒, 露出補正-0.7, 絞り優先, 分割測光, ホワイトバランス自動]
 
 
20-秋の彩り/中嶋幹忠-1511
秋の彩り/中嶋幹忠
講評:撮影日時の違いこそあれ上の写真とほぼ同じ位置から撮影した作品です。ただし、上の写真は大銀杏に焦点を合わせ主役にしたのに対して、この写真は手前の紅葉したもみじに焦点を合わせた正反対の作品です。写真の世界では両方共ありですが、みなさんはどちらが好みでしょうか。[NIKON D800, 120mm, ISO-160, F5.6, 1/100秒, 露出補正-0.7, 絞り優先, 分割測光, ホワイトバランス自動]
 
 
32-渓谷美/戸塚敏子-1511
渓谷美/戸塚敏子
講評:左手には紅葉の最盛期を迎えた大きなもみじを美しい逆光線で捉え、多摩川の渓流を跨いで御岳渓谷に架かる白い吊り橋が対岸の森の中に消えて行く構図は、遠近感を上手に表現しています。渓谷の岩の上の二人の語らいの様子が、深まりゆく秋を感じさせる秀作です。[NIKON D5200, 22mm, ISO-400, F8.0, 1/250秒, 露出補正-0.7, ノーマルプログラム, 分割測光, ホワイトバランスマニュアル]
 
 
29-もみじの林/田中瑠美子-1511
もみじの林/田中瑠美子
講評:某B社の保養所に通じる知る人ぞ知るもみじの名所です。あと一週間もすると燃えるような紅葉が見られた事でしょう。右手のもみじ独特の複雑な枝ぶりと、奥に続く紅葉し始めたグラデーションが、この時期でも充分に鑑賞に耐えうる色合いと構図で表現しています。[NIKON D750, 90mm, ISO-400, F9.0, 1/160秒, 露出補正0.0, 絞り優先, 分割測光, ホワイトバランスマニュアル]
 
 
03-千代紙/入江和美-1511
千代紙/入江和美
講評:緑から黄緑そして赤に変化する季節の変化を表したグラデーションのもみじの枝先を、長焦点レンズで見事に表現した秀作です。特に背景にある日陰の森の前に、逆光線を利用してもみじの枝先だけをアップで切り撮り、まさに千代紙を散らしたような構図の妙です。[Canon EOS 70D, 229mm, ISO-1600, F6.3, 1/320秒, 露出補正-1.7, 絞り優先, 分割測光, ホワイトバランス自動]

Comments

コメント文
← 送信ボタン
プロフィール

Author:  KSNCデジタルカメラ同好会

マンスリーフォトサロン
へようこそ!

 月1回の撮影会と第四火曜日の講評会を
 開催しています。
 新会員随時受付中!

訪問ありがとうございます
あなたは
 番目の
訪問者です
くろねこ時計
最新コメント
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09