KSNCデジタルカメラ同好会

 

第170回-2019年5月講師推薦作品

 
27-Closed/中嶋幹忠2019-5
Closed/中嶋幹忠
講評:ある商店の側壁に描かれた奥行き感のある絵画だそうですが一見流行りの騙し絵かなと思える程のアートです。この壁画の前に黒い鎖に「Closed」の看板が取り付けられていますが、この鎖自体が絵として描かれているかのような錯覚さえ覚えます。でも、左右に置かれているエアコンの室外機や、クレジットカードが貼られた看板などで撮影場所が国内である事が理解でき、なぜかホッとできます。この左右にあるゴチャゴチャした物を、敢て画面に入れたことで、身近な生活感を表現した作者の非凡なセンスが抜群に生かされた秀作です。このような芸術作品なら黒いスプレーで無粋な落書きをする輩を撃退できますね。[FUJIFILM X-T3, 16mm, ISO500, 1/60秒, F3.5, パターン, 絞り優先, 露出補正0, ホワイトバランス自動]
 
 
6-一面の菜の花/田中瑠美子2019-5
一面の菜の花/田中瑠美子
講評:遠くの山には雪が積もって正に冬真っ盛りと思いきや手前に目を転ずると麓は菜の花が満開で春が足早でやってきた季節感満載の逸品です。特に近距離のそれをぼかして、中距離のは綺麗に生え揃って生きのいい満開の菜の花のボリューム感が豊かに表現されています。[NIKON D750, 125mm, ISO800, 1/4000秒, F10, 中央重点, 絞り優先, 露出補正-0.3, ホワイトバランス手動]
 
 
10-雪解けの頃・ 山本昭六2019-5
雪解けの頃/山本昭六
講評:上流方向の緑の山は、冬場はスキーのスラロームコースであったご当地の名所です。遠景の雪山と眩しい青空を見せる5月中旬を過ぎるとスキー場は緑のまだら模様の素肌を見せ、沢は雪解けの水量を増して、川に変化する様子を俯瞰した位置からのショットが秀逸です。[SONY ILCE6300, 16mm, ISO250, 1/2000秒, F8, パターン, 絞り優先, 露出補正-1.7 ホワイトバランス自動]
 
 
8-何があるの/戸塚敏子2019-5
何があるの/戸塚敏子
講評:公園で遊ぶ幼稚園の年中さん位の二人の子供を、300mmの望遠で捉えたワンショットです。左側の男児の左足が爪先立ちになり、少しでも高い位置から先を覗き込もうとする姿勢と、右側の女児も同様に、右足が爪先立ちになった瞬間を捉えた本当に可愛い秀作です。[NIKON D5200, 300mm, ISO400, 1/2000秒 F5.6, パターン 露出補正 -0.3 ホワイトバランス自動]
 
 
12-静か水面/浅田キミ子2019-5
静かな水面/浅田キミ子
講評:水面に映ったチューリップが幻想的に表現されました。陸上のそれは特筆すべき物ではありませんが、水面に映り込んだそれは、風の影響か水面が微妙に変化して緑とピンクが縮緬じわのようなグラデは絶品です。通路を歩く人の服の反射も黒い水面に映えて素敵です。[Canon Eos700, 250mm, ISO400, 1/1250秒, F5.6, パターン, 絞り優先, 露出補正-0.7 ホワイトバランス自動]

プロフィール

Author:  KSNCデジタルカメラ同好会

マンスリーフォトサロン
へようこそ!

 月1回の撮影会と第四火曜日の講評会を
 開催しています。
 新会員随時受付中!

訪問ありがとうございます
あなたは
 番目の
訪問者です
くろねこ時計
最新コメント
検索フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06